2007年06月05日

レスポートサック進化の歴史

LeSportsacは1974年、ニューヨークで誕生しました。

レスポートサック第一号は、ニューヨークの小さな工場で製作されました。

シンプルなデザインのダッフルバッグでした。

1974年後半にはNYのグリニッジ・ビレッジに初のショップをオープンしました。

1976年にはレスポートサックの原点となるトラベルシリーズを発表。

その後も次々と新しいシリーズを展開、近年では2001年のクロマシャイン、2002年からはスペクテイター、モノグラムラインなどモードを敏感に感じ取り、時代とともに新しい顔を見せ続けています。

その進化のなかでも、素材と機能性、デザインに対する徹底したこだわりは創立以来33年間かわっていません。
【関連する記事】
posted by レスポートサック at 04:08| Comment(0) | TrackBack(0) | レスポートサックブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

レスポートサックのアイテム

レスポートサックのバッグ、ポーチを良く目にします。

機能性も収納性も高くて、軽いのにたくさん物が入るところが魅力的です。

主流はアメリカ、カナダ、でハワイや国限定のデザインもあります。

海外へ行かれたときは、そこでしか買うことの出来ない商品に出会うかもしれませんね。

トキドキとのコラボレーションがハワイ限定デザインとなっております。

レスポのHPからアクセスされる場合は、お好きな柄で欲しいバックやポーチが手に入りそうですよ。

アッシュは無地なので、柄ものが多いレスポの中では、新鮮に感じます。

おなじみレスポの3ジップコスメポーチです。

全体的ににプッチ風の幾何学模様のデザインが多いです。

化粧ポーチとしてだけではなく、母子手帳やパスポートケースとして使用してもオッケーですよ。

私は、円とその国の通貨、パスポートとすべてのジップを使って、収納しました。本当に使い易くてオススメです。
posted by レスポートサック at 03:18| Comment(0) | TrackBack(0) | レスポートサックブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。